ニキビの発生~悪化のプロセス

ニキビのそもそもの原因は毛穴が角栓によって塞がれることです。皮脂が塞がれた毛穴に溜まっていってニキビに育ち始めます。そこに皮脂が大好物なアクネ菌が入り込み皮脂をエサにします。そのようにして増殖したアクネ菌が暴れ出し、炎症が起こします。これがニキビの発生~悪化のプロセスです。

はじめに毛穴が詰まって塞がれさえしなければ、その後何も起こらないわけです。角栓さえ詰まらなければ、角栓さえなければ・・・。
なお、角栓が毛穴に詰まっている状態のこと「微小面皰」と言います。毛穴の世界での出来事なので目には見えません。

塗り薬で角栓を防ぐ治療法

角栓は角質からできるので、角質に働きかけて角栓になるのを防ごうというアプローチ方法があります。
毛穴付近の角質が固くなる(角化異常といいます)のを防ぐ塗り薬を皮膚科で処方してくれることがあります。
角栓をできにくくし、結果として毛穴が詰まるのを防ぐことが狙いです。
しかし残念なことに肌が弱い人、敏感な人には処方を控えられます。
これらの塗り薬を使うと皮膚がカサカサになるからです。肌の状態がかえって悪くなってしまいます。

また、酸を肌に塗って余分な角質を取り除く方法もありますが、肌のバリア機能を弱めて有害物質が外部から侵入しやすくなってしまうので、逆効果になりえます。

ホルモン療法で男性ホルモンの働きを抑える

角質ではなく毛穴に働きかけることから考えていくなら、毛穴が必要以上に小さくならなければいいのです。ここで出てくるのが男性ホルモンです。
男性ホルモンが過剰に分泌されると皮膚が異常に固くなって毛穴を小さくなることに繋がります。
そして男性ホルモンは肌バリア機能を低下させ、余分な角質から角栓が作られやすくする、とも言われています。
ニキビに関しては男性ホルモンは邪魔な存在ですね。

男性ホルモンの過剰な働きを抑えてニキビを治療するには、女性ホルモンのエストロゲンを増加させるホルモン療法が有効です。

ルフィーナについて、詳しくはこちらを参考にしてください
ルフィーナ 口コミ

関連記事

    None Found