一般の家屋に付いている太陽光発電に欠かせないものが、パワーコンディショナーです。
太陽光発電は、太陽の光を電気に変える役割を担っていますが、パワーコンディショナーは、その電気を家庭で使用できるように変換する機器です。
太陽光発電から出てくる電気は、DC(直流)です。
乾電池と同じ、プラスとマイナスがあります。
しかし、家庭の電気製品は、ほとんど100VのAC(交流)です。
プラスとマイナスが常に入れ替わっています。
発電所から送られてくる家庭用電源は、すべてACです。
パワーコンディショナーは、太陽電池から出てくるDCを、家庭で使えるAC100Vに変換するのが主な役割です。
しかし、太陽光発電だけで電気を賄っている家は、ほとんどありません。
雨の日や夜間など、太陽光発電で賄えない部分は、電力会社から購入して、電気製品が使えるようになっています。
この太陽電池と商用電源の交通整理も、パワーコンディショナーが行っています。
太陽電池が十分に発電しているときは、太陽電池だけで電気製品を動かし、太陽電池の発電量が不足してくると、商用電源からプラスして電気製品を動かします。
また、売電とは、太陽電池の電気が余っているときに電線に電気を送ることで、これもパワーコンディショナーの働きによるものです。

パワーコンディショナーについて、もっと知りたい方はこちら⇒太陽光発電 パワーコンディショナー

関連記事


    太陽光発電に注目が集まってきたのは、ここ数年ですが、実際太陽光発電に使われている太陽電池自体は1954年に、アメリカのベル電話研究所で発明されたのがスタートですのでもうすでに半世紀以上の歴史があります…


    最近ではエコに力を入れている家庭も多く、太陽光発電とオール電化を導入しようと考えている方もいるのではないでしょうか。 自然のエネルギーで作られた電気を利用しますので、地球にも家庭にも優しいイメージがあ…