女性が月に一度経験する生理。
そして、その生理前に起こる様々な辛い症状を総称し、生理前症候群と呼ばれています。
症状としては、頭痛、腹痛、浮腫み、吐き気、腰痛と人によって実に多種多様で、自分で調整して乗り切るということにも限界があるものです。
市販されている薬を服用し、不快感を軽減している人もいますが、どうにも調整が難しくなってくると婦人科へ通う人もいます。
婦人科では、生理前症候群と診断をされると漢方であったり、ピルを処方されます。
漢方が合わなかったという話はあまり聞きませんが、ピルが合わなかったという話はよく聞きますので、先生とじっくりと話し合うことが大事です。
また、生理前症候群は、ホルモンの関係で起こるものなので、ホルモンの状態を調べてくれて、ホルモンそのものの調整薬を出してくれる病院もあります。
生理前に症状が出てくると気分も落ち込み、マイナスな気分になってしまいますが、できる限り寝て過ごす、体を暖かく保つなどとして、この症状を乗り切っている方達も多くいますので、病院へ通うことをためらう方がいたり、まだ病院へは行きたくないと思う方がいたら、まずは自分の体にあった対処法でこの時期を乗り切ってほしいと思います。
生理前症候群の症状と改善についてまとめて書いてあるので参考にしてください。⇒生理前症候群 症状

関連記事