多くの住宅が世の中には数多く建設されており、さまざまな魅力が満載となっています。
特にご近所さんや通りすがりの人から目に付き易い外壁はよりキレイに仕上げたいと誰もが感じていらっしゃると思われます。
その為、単に外壁塗装だけでは無く外壁タイルを使用しようと思われる方もおられます。
そんな外壁タイルにはメリットとデメリットがあるのです。
外壁タイル メリット デメリット

外壁タイルを使用するメリットとデメリットをご紹介します。
まずメリットですが、長い年月が経ってもメンテナンスがほとんど必要としない事です。
外壁タイルは傷や汚れが付着しても劣化や老朽化がほとんど起こらない為、長い年月が経ってもリフォーム等のメンテナンスが必要ないのです。
施工時には外壁タイルは少々高くなってしまいますが、リフォーム代と比較すると安価に済ませる事賀出来るのです。
次にデメリットですが、剥離が起こる場合もある事です。
外壁タイルを貼る際には特殊な接着剤が仕様緒されており滅多に剥がれる事はありませんが、接着剤の効力が弱まってしまうと剥がれ落ちてしまう場合があります。
実際に外壁タイルが剥がれ落ち、通行人がケガをしたなんてニュースも度々耳にする機会があります。
その為、後々保障問題のトラブルに繋がる可能性もあるのです。

関連記事