外壁の色選びの方法と注意点、失敗しないポイントとして外壁塗装の色選びは洋服を選ぶときのように自分の好きな色を選ぶだけといった方法では失敗してしまう原因となります。
外壁塗装をした後は10年ほどそのままの色なので、色選びは非常に重要と言えます。
まず、始めに外壁の色を選ぶときに見落としてしまいがちな点として、白や黒は汚れが目立ちやすいので外壁に不向きということです。
非常に綺麗に見えるという利点もありますが、汚れが目立ちやすい色なので外壁の色としては向いてないのです。
一般住宅の外壁は経年劣化とともに確実に汚れがついてしまうため、汚れがつき始める時期の方が長くなってしまうので汚れが目立ちにくい色を選ぶのが大事です。
また、赤や青といった濃い原色の場合は経年劣化で色が薄くなってしまうので、他の色に比べて特に古びた感じに見えてしまいます。
それから、周りの景観に配慮する必要もあります。
色の周りを散歩しながら色の系統を考えるのも良い方法です。
周りの景観を見ながら、地域に溶け込む色を考えることができるからです。
色を決めるときに参考になる色の見本がありますが、色の見本の種類として「日本塗料工業会が作成してる色見本」と「塗料メーカーが作成しているカラーサンプル」の2種類が挙げられます。
比較すると、塗料メーカーのサンプルの方が住宅塗装の傾向をおさえているのでより参考になると言えます。
色選びにサンプルを見ることでイメージがつきやすくなりますが、色見本で濃く見えた色が実際に外壁に塗ってみたら薄く見えてしまうといった「面積効果」を考慮する必要があります。
色は大きな面積になると薄く見え、小さい面積だと濃く感じる傾向があるので、色見本から選ぶ場合はイメージするより薄めな色合いや控えめな色合いを選ぶと失敗が少ないです。
最近では、カラーシュミレーションを用いて簡単に色のイメージをすることが可能となりましたが、シュミレーションは実際の外壁と環境が異なるので色選びに参考にするのはおススメできません。
色選びにはディスプレイに映されるシュミレーションからではなく、塗装を見て決めるのが色選びの失敗が少ないです。
色を選ぶ最初の段階では、自然の色より目立たない色、自然を引き立たせる色を意識して考えるようにし、次に親しみやすい色や控えめな鮮やかさを意識します。
そして、外壁を塗った後汚れが目立ちにくい色を選ぶようにすると外壁の色選びを成功させるポイントと言えます。
外壁の色選びについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。⇒外壁 色選び ポイント

関連記事