毛抜きやワックスを繰り返していくと、毛はすぐに生えてこなくても
だんだんと毛が皮膚の中に埋もれてしまい、外にでてこないということが起こります。
これを埋没毛というのですが、実はこの状態は非常に危険です。
毛を抜くことで、毛先が肌の内部を指してしまったり、
本来の毛穴に沿わずに生えてしまうことでこの症状が起きてしまいます。
この解決方法としてスクラブでこすることをすすめている
ブログやWebサイトもあるようですが、これは実は全くおすすめできません。
埋もれ毛となってしまった肌の状態は、
肌が弱っており、見えない肌の内部で炎症を起こしています。
スクラブで肌表面を削っても毛は外に出てこないことが多く、
実際には、毛抜きなどを使って掘り起こしてしまう方も少なくありません。
ところがそのような肌を傷める行為を繰り返していると
知らず知らずのうちに肌の炎症が繰り返されるので色素沈着を起こし、
時間がたっても黒ずみが残ってしまうということもめずらしくありません。
そうなってしまうといくらムダ毛が処理できていても、
足の肌は「なんか汚いね」といった印象になってしまいます。
スクラブを使うことよりもきちんと保湿をして肌の状態を整えて、
皮膚科にいってきちんと処理をしてもらうようにする方法をとることで
結果的にきれいな足にしておくことができます。

参考までに。。。足毛穴

関連記事